コンサドーレって夏に弱いの?[統計]

コンサドーレ

「コンサドーレは夏に弱い」とよく言われるが(*)、本当に夏に弱いのかを検証してみる。

(*)「コンサドーレ 夏 弱い」でTwitterを検索してみたら実はそんなに言われていなかったのだが、とりあえず夏に弱いことにする。最近の札幌はクソ暑いらしいけど。

前提条件

まず以下のような前提を設定する。

■A群:2-6月、10-12月(1998-2021)
■B群:7-9月のJ1・J2リーグ戦(1998-2021)

A群が夏以外の試合、B群が夏の間の試合ということになる。

試合データはJリーグデータサイトより取得した。アウトプットが表形式なのですぐ表計算ソフトに貼り付けられてたいへん便利である。

また、むかしのレギュレーションでは勝利時の勝ち点が2ポイントだけだというものあったが、今回の集計では「勝ち→3pt、引き分け→1pt、負け→0pt」という現代のルールに統一する。

純粋な平均勝ち点の比較

集計を行った結果、A群(夏以外)とB群(夏期間)の平均勝ち点は以下のようになった。

データ群試合数平均勝ち点
A群5911.401
B群3321.314

予想通り(?)夏期間(B群)のほうが平均勝ち点が低いという結果が出た。
この結果を踏まえて、この差が有意であるものかを統計的に検証する。

2標本のノンパラメトリック検定

当たり前のことであるが、評価に使用うパラメタでの勝ち点は3,1,0の3種類しかとらないので正規分布には従わない。ので、ノンパラメトリック検定(Wilconxon検定)で評価する。

帰無仮説

帰無仮説H0:A群とB群の平均は等しい
対立仮説H1:A群とB群の平均には有意水準α=0.05の片側検定で差がある

Rでの評価

標準偏差とかから手作業で丹念込めて計算するのはしんどいので、Rで検定を実装する。といっても実質2stepで完了する。

matchdata_AB <- read.csv("matchdata_AB.csv", fileEncoding="utf-8")
head(matchdata_AB, n = 3)
wilcox.test(formula = points ~ type, data = matchdata_AB, alternative = "greater")

評価結果

出力の通り、p値は0.1359となり0.05より大きい値が出た。
よって H0:A群とB群の平均は等しい は棄却されず、「コンサドーレは夏に弱くない」という仮説が否定されないことになる。

結論

コンサドーレは言うほど夏に弱くない。(Twitterの民意は正しい)

北海道 東京より暑い札幌 今朝で熱帯夜3日目(気象予報士 蝦名 生也)
札幌では今朝(6日)も熱帯夜となり、2021年の熱帯夜は3回目となりました。この10年で、札幌が熱帯夜になったのは2014年の1回、2019年の3回です。そして最高気温も今年は7月21日から30度以上が続き、今日を含めて17日連続で真夏日となっています。記録的な猛暑となっている今年は、週末にかけても熱中症に注意が必要で...

使用したファイル

Jリーグデータサイトから得た試合データから勝ち点を算出したのち、A群とB群をtype列、勝ち点をpoints列にmatchdata_B.csvへまとめている。

ssk0822/consa/ana_summer at main · ssk0822/ssk0822
Contribute to ssk0822/ssk0822 development by creating an account on GitHub.

おわり

タイトルとURLをコピーしました