ヘンソンシェービング(HENSON SHAVING)はどれくらい使えばお得になるのか

善いモノとかコンテンツ等

ヘンソンシェービング(HENSON SHAVING)

いま巷で話題になっている高級両刃カミソリ。肌への負担が少なくなる設計がされており、また製造には航空宇宙技術を応用しているらしく、寸法の公差が0.005mm(!)以内になっているらしい。(すごい)

正規販売店 ≪購入特典付き≫ HENSON SHAVING ヘンソンシェービング ひげ剃り T字カミソリ

一般的なT字カミソリとの比較

上記のサイトを参照すると、ボディ本体の価格が16,500円と一見かなり高価であり、購入が一瞬躊躇われるかもしれない。ので、一般的に流通しているT字カミソリ(ジレット フュージョン5)とのランニングコストを含めたコストを計算してみる。

ジレット フュージョン5は替刃10コ付きの本体セットを購入し、10日間ごとに刃を交換して買い替えには16枚4,950円のセットを購入するものとする。

一方でヘンソンシェービングも10日ごとに刃を交換し、100枚2,980円のセットを買い足すものとする。

何ヶ月でコストが逆転する?

比較した結果は以下の通り。1年と10ヶ月でコストが逆転するので、意外と早いタイミングでお買い得になる。

グラフにすると以下の通りとなる。ご家族に購入を渋られている場合は、1枚提案書として交渉材料に活用していただきたい。

以上

タイトルとURLをコピーしました