2023熱狂空間の思い出

お笑い等

スタジアム(主にサッカー)、お笑いの劇場、音楽ライブなど熱狂空間の思い出まとめ。

サッカー系

開幕前:グリズリーつよしのゲーフラを作った

ゲーフラは「サッカーで優勝したよ」以降すっかり作らなくなっていたのだが、開幕前の空前のグリズリーつよしムーブメントに触発され3年ぶりに作成した。
ゲーフラ歴が長くなってくるとデザインがどんどんシンプルになっていく。

2/18 FC東京vs浦和@味の素スタジアム

2023年のスタジアム始めは味スタ。
札幌の開幕戦は「陸の孤島」エディスタ広島戦だったので食指が動かず、FC東京サポーターの友人と味スタでのFC東京vs浦和を見に行った。冷たい雨がしとしと降る広島とは打って変わって、現地で応援している札幌サポ同志に申し訳ないほど東京は良い天気であった。

今年は多くの他チームのホームゲームに行くことになるのだけど、選手紹介映像はFC東京のものが断トツでイケていた。

試合は開幕戦番長ことFC東京が勝利。
今年のFC東京は手強いぞ。そう思っていた時期が俺にもありました。

3/4 新潟vs札幌@デンカビッグスワンスタジアム

今年最初の札幌現地応援はアウェイ新潟にて。
2017年のJ1復帰初年度、札幌が熾烈な残留争いを戦う中最下位を爆走する新潟には勝てるだろうと思ってヌルッと応援していたら、伝説の銭闘士ホニにワンチャンスをものにされて嘘のように負けた以来のビッグスワンスタジアム。

試合はシャーク浅野のゴラッソ等もあり2-2の引き分け。
ビッグスワンは陸スタだがスタンドに高さがあって比較的観やすい。

「グリズリーつよし」ゲーフラもこの試合で晴れてデビュー。ドメサカにまとめられていた。

北海道コンサドーレ札幌FW小柏剛が今季初出場 大方の予想通りあのゲーフラが登場 :
きょう開催されたJ1第3節で、北海道コンサドーレ札幌はアルビレックス新潟とアウェーで対戦。 結果は2-2のドローとなりましたが、この試合では北海道コンサドーレ札

3/18 G大阪vs札幌@パナスタ

去年から連続しての吹田スタジアム遠征。思えばこの試合で既にミシャサッカー2023の不穏な脆さが露呈していたG大阪戦。
遠征記は↓より。

今シーズンからアウェイ客は上層スタンドに追いやられる仕様となっている。スタジアムに行く際は上層からの眺めも気になるけど、いつも貧乏性が働いて結局下層に落ち着きがちなので、強制的に上層送りになるのは個人的に正直ありがたい。

4/5 横浜FMvs札幌@ニッパツ三ツ沢球技場

今年6回も試合をすることになるマリノスさんとの2試合目。
写真は特に撮っていなかったが、まだスタメンを掴みきれていないながらも積極性が光ったトーヤと宏武への期待感が膨らむ一戦であった。一方で、やっぱりサイドで不動のレギュラーの金子って別格なんだなとも思ってしまった。

4/15 浦和vs札幌@埼玉スタジアム2〇〇2

リーグ浦和戦は雨中の埼スタ。
最近の浦和は札幌にとってお得意様感があったのだが、トーヤがたかーい授業料を興梠先生に払って退場したことも響き、気持ち良いくらい普通に負けた。ローストチキンコオロギがあいも変わらず旨かったくらいしか記憶に無い。

4/29 横浜FCvs札幌@ニッパツ三ツ沢球技場

楽しいゴール・出る・ウィーク。ヌルッと先制点を取られた以外は終始札幌が内容で圧倒し、4-1で勝った。試合後にヨモさーん!と声を張って拍手を送るくらいには余裕があった。ついでにtotoWINNERも当選した。

5/13 長野vs松本@長野Uスタジアム

長野Uスタジアムでの信州ダービーはどうしても観たかったので、同日のアウェイ湘南戦をすっぽかして遠路はるばる長野県にやってきた。
結果、めちゃくちゃ良かった。J2J3と一緒になるルヴァンのアウェイはぜひ長野Uスタジアムに行きたい。
観戦記は↓より。

平たい全周屋根、シンプルな正面壁にはクソデカエンブレムがデン!と構えられており、その佇まいはまるでプレミアリーグのプロピンチャーレ・クラブがホームに構えるスタジアムのようである。イングランド行ったこと無いけど。

5/20 柏vs神戸@三協フロンテア柏スタジアム

5月中旬にイニエスタが神戸を退団するという報道があり、夏までに関東近郊で神戸戦があるチームを調べたら柏しか無かったので、急遽日立台にイニエスタを拝みに行くことにした。
試合前に柏名物・ボンベイのカシミールカレーをパクついていたところ、隣のテーブルの男性3人グループから「ええっ〜〜」というため息が漏れ聞こえてきた。
嫌な予感がしたのですかさず試合のメンバー情報に目をやると、

イニエスタがベンチ外。同じ目的で柏を訪れボンベイに寄っていた人たちが相当数いたようで、スタメンが発表されるやいなや店内がお通夜のような異様な雰囲気になった。

ということで普段なかなか行かない日立台のバックスタンドから虚無な気持ちで試合を眺めていたのだが、柏の今シーズン新チャントがラルク原曲(Driver’s High)だったのには脳天がブチ上がった。

柏レイソルの新チャントが圧倒的に善い【ラルク】

6/3 柏vs札幌@三協フロンテア柏スタジアム

今年の札幌のハイライトとなった、心臓がいくつあっても足りない試合。
オープンなバカ試合の雰囲気も手伝い、札幌の今年の新応援歌(♪おー札幌 お前だけが 俺たちを熱くさせる のやつ)が日立台ではうねるようなグルーヴ感を生み、この応援歌はいいぞ…!となった。

観戦記は↓より。

2023柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌の思い出

6/24 札幌vsC大阪@札幌ドーム

厚別でセレッソにボコられた2021年から2年ぶりのホーム参戦。
この間錦鯉がM-1王者となり、コンサドーレに凱旋営業にやってきてギャラリーをパンパンにしていた。コンサドーレのユニフォームに身を包んだ札幌出身のまさのりさんも勿論だが、東京出身の渡辺さんが赤黒になっているのもグッとくる。

ドーム内でもネタを披露していた。2016年M-1の準決勝でもかけた「ニュースキャスター」のネタを生で見られて大満足!試合の内容?知らん!


年イチペースでしかホーム参戦しない関東民から見たコンサドーレのホームゲームの良いところ↓

7/1 神戸vs札幌@ノエビアスタジアム神戸

去年の5月ごろは神戸がぶっちぎりで最下位を独走していたものだから、もしかしたら来年は神戸戦が無いかもと思い急遽ノエスタに駆けつけたら嘘のようにボロ負けした(その後神戸は嘘のように残留争いを脱出した)以来のアウェイ神戸戦。
試合はナイターでゴール裏も指定席であったので、西本屈指といわれる名サウナ・神戸サウナアンドスパに立ち寄った。この後現地で起こるクソダルインシデントに巻き込まれるともつゆ知らずに。

試合の後半、神戸ゴール裏の応援が途切れたタイミングで札幌ゴール裏が「バビロンの河」を繰り出し、太鼓も入らないバビロンの河がスタジアムに響き渡る一幕には歌いながらシビれた。個人的にはこれをわくわくバビロンタイムと呼び、札幌ゴール裏の醍醐味の一つとして試合ごとに楽しみにしている。

7/12 FC東京vs東京ヴェルディ@味の素スタジアム

クソ猛暑の中の東京ダービー。平日なのにFC東京側のサイドスタンドは2階席までパンパンだった。
試合中、「ナンバー1969の車を移動してください」とのアナウンスが流れた時にFC東京ゴール裏から大ブーイングが出たのには流石に笑ってしまった。
観戦記は↓より。

7/23 横浜FMvsマンチェスター・シティ@国立競技場

マリノスvsマンチェスターシティの花試合。

観戦記は↓にて。

マリノス側なのに隣の2人組客はシティのユニフォームを着ていた。まあそれはしょうがないかと思っていたら、他方ではユナイテッドのユニフォームを着たチー牛が警備員につまみ出されていた。キショ。

8/2 柏vs札幌@三協フロンテア柏スタジアム

例年札幌が不参加を決め込む早期に敗退する天皇杯は珍しくベスト16に残っている中での柏戦。リーグ戦の死闘が嘘のように1-0でしらーっと負けた。この試合は全然記憶が無い。

8/5 名古屋vs新潟@国立競技場

外出するのも躊躇われるクソ猛暑の中、名古屋が国立競技場にてTシャツ配布パーティーをやるようなので国立に遊びに来た。国立は何をトチ狂ったのかいまだに陸スタ仕様のままなのだが、バックスタンド3階席は臨場感こそないけども視界が開けていて見づらくはない。臨場感は無いけど。

目的のTシャツをゲット。こういった企画Tシャツは作りがシンプルなので長持ちし、ジム着にちょうど良い。

名古屋の新チャント。か!ち!と!れ!と響かせる感じが、名古屋サポの無骨感をよく表していてとても善い。

2023/08/05@国立 名古屋vs新潟 名古屋チャント「勝ちとれこの胸に 勝ちとれ輝く星を」

試合は名古屋が競り勝った。大嘉は途中から出てなんか頑張って走っていた。
この日は名古屋-新潟の非首都圏どうしのカードでも5万人を超える大入り。来年からリーグ戦が増えるし札幌も1試合くらい国立開催すれば良いのに、と思った。

8/19 千葉vs藤枝@フクダ電子アリーナ

観戦記は↓より。ロコディ堂前さんがジェフサポ宣言をしていた。うらやまし〜


最近は北海道出身芸人に勢いがあるが、そういえば加藤浩次・ワッキーの兄貴以外でコンサドーレを応援しています!という感じの人がいなかったので、検索してみたら「谷保和也(たにほかずや)」という超若手芸人がヒットした。売れたら古参ぶろう。

蘇我駅とフクアリの動線上には、関東では貴重な駅から徒歩圏内のラーメン山岡家がある。
毎年山岡家に行きたい!ジェフ早く昇格してくれ〜

8/26 川崎vs札幌@等々力陸上競技場

毎年恒例・絶賛夏バテ中のコンサドーレが乗り込むのはアウェイ川崎、等々力競技場。2012年に社長を囲んで懇談会をした振りの等々力ゴール裏である。

大森がめでたく初出場。

9/10 横浜FMvs札幌@ニッパツ三ツ沢球技場

n回目のマリノス戦、ルヴァン杯QF2ndLeg。

マリノスゴール裏の手拍子チャント。マリノスゴール裏の太鼓はおそらく日産スタジアム基準でボリュームを調整しているので、スモールスタジアムの三ツ沢では太鼓が耳をつん裂くような音圧で対岸に響き、敵ながら天晴れの迫力である。

アウェイゴール裏から見た、マリノスサポーターの皆さんのお見事な手拍子チャント(2023/09/10 横浜FM-札幌)

敗北。そもそもホームでの1stLegもマリノス井上の謎退場から捲った不思議の勝ち感があったので、相手にとって幸先良い先制点を許したらまあこうなるよねという感じで負けた。
このあたりでTwitterのタイムライン上でも札幌サポのソウルジェムが目に見えて濁ってきており、当方も気持ちを落ち着かせるために↓のようなまとめを書き殴っていた。

主に守備で「ここを直したら」みたいな改善点が山ほど出てくるのもミシャサッカーだが、素人目に改善したほうが良いと思うポイントは現場の人が何十周も思考を重ねて通過しているポイントであって、諸々の優先順位をつけた上で最も武器にしたいポイントをスポイルしないためにあえて野放しにしている改善点でもある(それ故に、思い出したようにガンバを4-0でボコったりする)と思いたい。

10/4 甲府vsブリーラム@国立競技場

札幌の関東アウェイの試合間隔が開くので、甲府のACLを国立まで観に行った。

コーナー付近には大量の他サポ。SNS上では賛否両論が巻き起こっていたが、個人的にはまあいいんじゃないですかね、と思った。一方実際に現地でこの様子を見た上で、自分も札幌のユニフォーム着て行きたいかと言ったらそうは感じないが。

甲府が試合終了間際の劇的弾で1-0勝利。いやもうすげーわ、という感想しか出てこなかった。

10/21 横浜FMvs札幌@日産スタジアム

三ツ沢のルヴァン杯から日産スタジアムでのリーグ戦に戦いの場を移し、今季n度目のマリノス戦。

ここ数ヶ月、タイムリープで同じ時間を彷徨っているのかというような1-4敗戦。
試合後に疲労し切った選手がトボトボとゴール裏に挨拶に来る中、拍手もブーイングも無い、まさに冷め切った空気がゴール裏に漂っていた。

10/29 千葉vsいわき@フクダ電子アリーナ

ケルベロスTシャツを貰いに見に行った。ジェフが普通に勝った。

空耳WIN BY ALL (ジェフ千葉チャント)

11/4 福岡vs浦和@国立競技場


観戦記は↓より。

試合開始を待っていたら隣の福岡サポーターに話しかけられた。自分も福岡に住んでいたことや2019年のファビオアビスパは大変でしたねぇ、という話をしたら「ペッキア…?」と完全に知らない人の反応をされた。あまりに辛い記憶は抹消されるらしい。

11/12 横浜FMvsC大阪@日産スタジアム

トリパラTシャツを貰いに観に行った。マリノスが普通に勝った。

アンロペちゃんの二つ名。

マリノスのボカ由来チャント。練度が高く格好良い。

2023/11/12 横浜FM vs C大阪 マリノスチャント「気持ち見せろよ 愛するマリノスのため」 (El sentimiento no se termina)

11/25 FC東京vs札幌@味の素スタジアム

早いものでリーグ戦も残り2試合、FC東京と札幌の2023シーズン虚無ダービー。
この日はメインスタンド参戦だったので、スタグルを買って飯を食いながらチンタラ見ようと思ったら、並んだスタグルの回転率が悪すぎて見事に1時間半待たされた。

初めての味スタのメインスタンドは意外と観やすい。

1時間半待たされたスタグル、くってけ亭。めちゃくちゃうまい。
メインの肉とホワイトシチュー、ラタトゥイユが調子の良いミシャ式サッカーのように旨味の波状攻撃を畳み掛けてくる。
次はモバイルオーダーを活用して購入しよう。

久しぶりに遠巻きから見る札幌のゴール裏。贔屓目抜きで格好良いですね。

2023/11/25 FC東京vs札幌 札幌チャント「俺たちを揺らせ」

2023/11/25 FC東京vs札幌 札幌チャント「俺たちと熱くなれ」

試合は3-1で札幌が勝利し、虚無ダービーとしてはFC東京の勝ち。
※虚無ダービーは試合に負けた方が勝ち扱いになる。

2023/11/25 FC東京vs札幌 札幌チャント「すすきのへ行こう」

FC東京の虚無セレモニー。選手の整列位置がハーフウェーラインを超えてだいぶ後ろだったのはちょっと面白かった。

2023/11/25 FC東京vs札幌 FC東京最終戦セレモニー

12/3 札幌vs浦和@札幌ドーム

リーグ戦最終節、帰省してのホーム浦和戦。

限定4,400個販売、転売ヤーの餌食になることが予想された白い恋人伸二缶は一般入場のタイミングでもだいぶ残っており、拍子抜けするほどにあっさりと入手できた。

伸二ラストダンス。

2023/12/03 札幌vs浦和 小野伸二最後の公式戦試合前練習

今シーズンの良くない展開を象徴するような0-2敗け。この後ACLとCWCへ向かうチームを鼓舞するように浦和ゴール裏がチャントのフルコースを披露し、あーもう好き放題やっちゃって、という感じで逆に清々しい気持ちになりながら対岸をぼーっと眺めていた。

2023/12/03 札幌vs浦和 完勝後、ACLへ向かう選手への激励→勝利の凱歌を挙げ応援歌フルコースを披露する浦和サポ

日曜日に東京へ戻るため空港へ直行した。ラーメン屋通りも案の定浦和サポで真っ赤っかだったのだが、コンサドーレのクラブパートナーである弟子屈ラーメンだけは札幌サポーターが多数派を保っており、戦争で敵国に祖国を追われた同胞のレジスタンス拠点みたいな一体感に包まれていた。

12/10 川崎vs柏@国立競技場

2023年のサッカー観戦納めは川崎vs柏の天皇杯決勝。

2013年の天皇杯決勝で話題になった柏のKASHIWA→AISAコレオを生で見ることができ、これを見られただけで来てよかったと思った。試合は第三者視点ではマジで面白くなかったので、これだけ見て帰ってもよかったかもしれない。

2023/12/09 天皇杯決勝 川崎vs柏 試合前の大会演出と両チームのお見事なコレオグラフィ
2023/12/09 天皇杯決勝 川崎vs柏 柏チャント「Over The Rainbow」&ビッグフラッグ
2023/12/09 天皇杯決勝 川崎vs柏 川崎チャント「ALLEZ! FRONTALE」
2023/12/09 天皇杯決勝 川崎vs柏 柏チャント「レッドリバー」

ちなみにこの日は会社のバスケおじさんに夕方からのBリーグの試合に誘われており、ひどく退屈な試合展開も手伝って特に思い残すこともなく国立を途中離脱した。スコアレスのままPKまでもつれたことを知り、やっぱり途中離脱してよかったと思った。

2024年に行きたいスタジアム

今年の現地でのサッカー観戦は26試合。コロナ制限がほぼ完全に解除されたこともあり、意外とたくさん行っていた。

来年の2024シーズンは、例年通り関東周辺でのコンサドーレの試合、ホーム開幕or赤黒フェスタor最終戦でのホーム帰省に加え、

・優先的に行きたい札幌のアウェイ:ルヴァン杯のJ2J3ホーム、新スタの広島、日本一楽しい博物館こと楽器博物館を擁する磐田、去年九州に行けなかったので福岡or鳥栖
・その他新スタジアム:金沢、長崎
・Tシャツ配布試合:日産、フクアリ
・甲府のACL
あたりを抑えていきたい。

その他スポーツ系

9/9 横浜vs東京ヤクルト@横浜スタジアム

横浜ファンの大学の後輩2人と久しぶりのハマスタ。バウアーはいなかったが楽しかった。(小並感)

ドラフト特集で知ってから個人的に推している益子も代打で出てきた。来年はレギュラーを掴んでほしい。

12/10 サンロッカーズ渋谷vs大阪エヴェッサ@青山学院記念館

会社のバスケおじさんに誘われ、天皇杯決勝を途中離脱してサンロッカーズ渋谷の試合を観た。国立から青山学院記念館へは徒歩で行けてハシゴ観戦しやすい。
青山学院記念館は2階席からでもフィールドがめちゃくちゃ近く抜群の臨場感で、バスケを普段見ない人でも楽しめる。

ドキッ!小ボケだらけのマスコット大会feat.FUJIWARA原西(2023/12/09 サンロッカーズ渋谷vs大阪エヴェッサ)

お笑い系

1/3 ヨシモト∞ホール 本公演(ワラムゲ!SP)

出演者はゆにばーす、トット、ダイヤモンド、そいつどいつ、キンボシ、ケビンス、ダンビラムーチョ、たつろう。
新年早々に山口コンボイを見られたのはなんだか縁起が良い。

2/11 「出会って3秒で漫才」@ヨシモト∞ホール

出演者は令和ロマン、THIS IS パン、カゲヤマ、10億円、ママタルト、トレンディエンジェルたかし、素敵じゃないか、カカロニ栗谷、カナメストーン零士。

ボケとツッコミをランダムにシャッフルして、それぞれの組み合わせが発表されてから3秒後に即漫才という企画ライブ。


M-1の敗者復活で毒素が強すぎるお兄ちゃん漫才を披露し話題をさらったカゲヤマ・タバやんが勢いそのままに、10億円永見に「ム↑ギュウ↓」を仕掛けて10億円永見の「キモすぎやしねぇか!?」を引き出したのが一番の盛り上がりポイントだった。

3/19 森ノ宮よしもと漫才劇場 本公演

出演者はさや香、丸亀じゃんご、ラニーノーズ、kento fukaya、デルマパンゲ、5GAP、もも、華山、コロコロチキチキペッパーズ、おかずクラブ、カベポスター、祇園、トット。これだけ見られて2,500円。安すぎる。
ひたすらボケ倒す5GAPの「転校生」ネタが最も強く脳にこびりついた。ビールと5GAPは生に限る。

3/19 なんばグランド花月 本公演

香盤はコロコロチキチキペッパーズ、5GAP、さや香、テンダラー、西川きよし、和牛、メッセンジャー、新喜劇(川畑泰史)。
さや香は今年のM-1でも披露した「見せ算」のネタをかけていた。NGKの10分尺ではジワジワと笑いが広がる感じで大変良かったのだが、M-1で大爆発を狙うには確かに不向きなネタだったのかもしれない。

6/10 オズワルド×カベポスター「せせらぐ深海」@日本青年館

オズワルドとカベポスターが2本づつネタをかけ、コーナーで「サンクチュアリ」に感化された伊藤さんが相撲を楽しむライブ。


永見さんが裏垢(@マンション建設中立派)を使って「カベポスター無いつかみbot」に応募するも、採用されなかったエピソードを披露し場が最大に沸いたのがハイライト。(当該ツイート↓)

7/2 よしもと漫才劇場 本公演

香盤は豪快キャプテン、ツートライブ、ラニーノーズ、もも、すゑひろがりず、ダブルヒガシ、ヘンダーソン、カベポスター、天才ピアニスト、さや香、おいでやすこが、プラスマイナス、銀シャリ。神香盤である。

一番面白かったのは天才ピアニストの「家具屋」コントで、一発目の裏切りボケで劇場の壁が飛ぶかというくらいの大爆発が起きていた。このネタもしくはこれより強いであろうネタがありながらKOC決勝に行けないのは不憫だと思うほどおもしろかった。

10/8 なんばグランド花月 本公演

香盤はラフ次元、ミルクボーイ、あべこうじ、西川のりお・上方よしお、霜降り明星、銀シャリ、桂文珍、新喜劇(酒井藍)。賞レースチャンピオン4組のスーパー神香盤。


神香盤の期待感通りずっと爆笑の嵐だったのだが、西川のりお・上方よしおのネタ時に粗品単独の「合格です」くだりの元ネタが見られたときが個人的に一番熱かった。

粗品「フリップネタ18」/単独公演『電池の切れかけた蟹』より(2023.01.18)

12/27 M-1決勝体験ライブ@よみうりホール

出演者は令和ロマン、ヤーレンズ、エバース、豪快キャプテン、ダイタク、ダンビラムーチョ、ななまがり、バッテリィズ、9番街レトロ。M-1をパロディしたおふざけライブから遂にチャンピオンと準チャンピオンが輩出され、令和ロマンの登場時には場内が万雷の拍手で包まれた。

今年の敗者復活で面白かったエバース、バッテリィズはそれぞれ「キャバクラ」「投資」のネタで、敗者復活とは違うネタだったがこれらも腹がよじれるほど面白かった。マジで来年の決勝に来ることを期待したい。

2024年に生で観たいコンビ

今年のM-1準々決勝でおもしろかったパンプキンポテトフライとウイスキーカノンは是非生でネタを見たい。エバースも神保町に観に行って古参ぶりたい。

音楽系

9/3 「B’z LIVE-GYM Pleasure 2023」@日産スタジアム

札幌サポーター仲間に誘われ、32歳で初生B’z。
生稲葉さんと松本さんのパワーがすごい。(語彙力)
歓声の雰囲気が「ワーーッ!」ではなく「Fooooooo!!」という感じで、海外のバンドみたいな雰囲気で新鮮だった。海外のバンド見たことないけど。

10/8 「家入レオ TOUR 2023 ~NAKED」@Zepp Namba

10/27 「家入レオ TOUR 2023 ~NAKED」 @Zepp Haneda

11/11 「家入レオ TOUR 2023 ~NAKED」@KT Zepp Yokohama

ライブの感想は↓より。
人はアルバムツアーのアルバム曲セトリ漏れを経て大人になっていく。

2024年に行きたい公演、観たいアーティスト

家入レオツアーの開演前プレイリストで流れていたSundae May Clubは生で聴いてみたい。
「夜を延ばして」はいいぞ。

以上

タイトルとURLをコピーしました